自転車の種類について

マウンテンバイクとは?

マウンテンバイク、という名の通り、山岳地帯、そして荒野等での走行に適した自転車です。耐衝撃性が強く、段差越えはもちろん、ダウンヒルでのジャンプなどにも耐えられるモデルもあります。

マウンテンバイク「どこをどう走るか」によって様々な種類があり、選ぶに困るほどですが、街乗りも山道にも対応した、クロスカントリー(XC)という種類が主流になっています。
他にはジャンプに特化したダートジャンプ、BMXとミックスしたプレイバイク、崖などからも飛び降りることを想定し、下り降りに特化したダウンヒル、上りを含めた山全体を走ることを前提としたフリーライドなど、目的によってフレームの種類や大きさ、ギア構成、などが変えられた多数の種類が存在します。

また、「マウンテンバイクルック」車というのも存在します。フレームに「悪路を走行しない」と書かれた低価格帯の、マウンテンバイクのような見た目のものは、ここで紹介するマウンテンバイクとは厳密には違うものとお考え下さい。街乗り用としては問題ありませんが、悪路を走るとフレームがガタついたりすることがあります。
さて、マウンテンバイクの楽しみと言えば野山を走ることではないでしょうか。あぜ道や石畳はもちろん、悪路を走破する気持ちよさは病みつきになります。マウンテンバイクの特徴の一つとして、サスペンションがあります。(サスペンションがないマウンテンバイクもあります)衝撃吸収はもちろん、自転車が跳ねてタイヤが浮いたりすると、車体のコントロールが困難になることがあります。タイヤをなるべく地面に接地させ車体を安定させる為にも、サスペンションは大きな役割を担っています。フロントのみにサスペンションがあるものをハードテイル、リアにもサスペンションが付いたものはフルサスペンションモデル、と種類が分かれます。またサスペンション自体も、上位機種では空気の量で調節出来るタイプなど、細かな調整が可能なものもあります。
マウンテンバイクの特徴と言えば、という位顕著な特徴はやはりそのタイヤです。デコボコしていて溝が深い、ブロックタイヤを装着しているものが殆どです。もちろん、街乗り用に、舗装道路用タイヤに付け替えて楽しむこともできます。ホイールサイズも、26インチが主流だったのですが、2000年以降あたりから走破性の高い29インチが流行しだし、最近の主流となっています。また、26インチと29インチの間の大きさの650Bという新しい規格サイズが出ると、そのバランスの良さから急激に人気を博しています。女性が取り回しの良さから26インチを選ぶというのも利にかなっています。更なる特徴として、ディスクブレーキも上げられます。エントリーモデルには装備されてないことが多いのですが、少ない力で強い制動力を生むディスクブレーキは、手の疲れを軽減したり車体コントロールをしやすくしたりと、本格的に山を走るなら必須とも言えるアイテムです。

「自転車を駆って遊ぶ」という目的には最も適した自転車、マウンテンバイクの魅力は遊べば遊ぶ程に深まっていきます。どういった遊び方なのか、どこをどう走りたいのか、によって車種の選択肢は様々なので、まずはある程度しっかりとしたクロスカントリーモデルで遊び尽くして、メーカーや車体の特徴を好みで選んでいくと楽しさも倍増です!僕にとってマウンテンバイクとは、転んだり、泥だらけになったりと、一緒に駆け回る相棒のような存在です。皆様にもこの魅力を味わって頂けたらと思っています!

365日24時間対応 0120-5315-24
自転車の種類について
メールでの査定はこちら
取り扱い商品一覧

今月の人気車種

  • CANNONDALE SUPERSIX EVO3

    CANNONDALE

    SUPERSIX EVO3

  • PINARELLO FP UNO CARBON

    PINARELLO

    FP UNO CARBON

  • BIANCHI IMPULSO 105

    BIANCHI

    IMPULSO 105

  • GIANT ESCAPE R3

    GIANT

    ESCAPE R3