自転車の種類について

電動アシスト自転車とは?

電動アシスト自転車電動アシスト自転車とは、ペダルを漕がなければ走行しない、あくまで電動機が人の漕ぐ力を補助するタイプの自転車です。ペダルを漕ぐ、という点で、原動機付自転車や自動二輪車とは大きく違います。免許も要らず、ヘルメットの義務も無く、とにかく楽に漕ぐことが可能なので、最近ではお子さんを乗せるベビーシート付きの電動アシスト自転車が爆発的に売れています。発進時、低速走行時、坂道など、力が必要なシーンでのアシスト力は、日々の生活の中で非常に役立ちます。

子どもを前後に乗せるお母様方やイクメンはもちろん、重い荷物を運ぶ方からお年寄り、足腰の弱い方まで、転倒の危険を抑えつつ快適な自転車ライフを送ることができます。電気モーターは充電池によって動きます。家庭のコンセントで充電し、それを自転車に装着して使用します。ニッケル水素電池(Ni-MH)が使われることもあれば、リチウムイオン二次電池(Li-ion)が使われていることもあります。充電可能回数、容量などを考えて長い目で見ると、少し高価ですが、結局リチウムイオン二次電池の方が良い、と一般的には言われています。ここ数年で電動アシスト自転車の性能はどんどん上がっています。規制緩和でアシスト力も強くなり、電池性能の向上から充電の時間は短く稼働時間は長くなる、など、人気と共に便利さも急成長しています。

電動アシスト自転車ここでは、電動アシスト自転車へのよくある疑問に答えることで、電動アシスト自転車のことをもっと知って頂き、身近に感じて頂けたら幸いです。「なんだか重そう」と言われる方が多くいらっしゃいます。確かに普通の自転車に比べたら重いのです。充電池とモーターの分の重さに加え、アシスト機能によるパワフルな運転に耐えられるように耐久性も上げることによる重さもあります。電池やモーターの重さは昔に比べ遥かに軽くはなっていますが、それでもある程度の重さはあります。「電池が切れたら大変じゃ…」と思われると思います。
しかしながら、最近のモデルはペダリングがかなり軽く、電池が切れた状態でも普通のママチャリより軽く漕ぐことができます。

「バッテリーの耐久性が不安…」
こういった声もよく耳にします。
しかし最近のモデルは平均的に700~900回程の繰り返し充電が可能なものが多くなっています。また、バッテリーだけの購入も可能な為、2つの充電池を交互に使う方もいらっしゃいます。乗り方や充電の仕方で電池の持ちは変わってきますが、おそらく想像以上に最近の電池の性能、耐久性は高いです。

「高いので手が出せません…」
電動アシスト自転車は確かに高価なものが多いです。しかしこれは「日々の快適さと安全性」にお金をかけるかどうか、ということではないでしょうか?

モーターを付けることによって必要な耐久性を保持するため、ベースとなる自転車の作りがしっかりしています。いわゆるママチャリの中でも価格差がありますが、その中でも高級ラインの車体がベースになっている、と考えると分かりやすいかもしれません。耐久性が高いということは単純に壊れにくく長持ちします。もちろんある程度の整備が前提ですが、いくらモーターが電動アシストしてくれても自転車本体がガタガタだとお話になりません。そういった意味でどうしても値段は高くなってしまいます。

電動アシスト自転車また、アシスト機能により走り出しのふらつきを抑えることで、特に前後にお子さんを乗せるような場合の転倒事故を大幅に予防することができます。ご自身の怪我はもちろん、大切なお子さまに大事がないよう、安全にはそれなりの出費が必要なのかもしれません。私的な意見もありますが、電動アシスト自転車についてのお客さまからの疑問点を、私なりに解説させて頂きました。現在最も人気なのは小径タイヤで安定感をアップさせた子ども乗せ自転車です。ライフスタイルに合わせたものを選び、オシャレで楽チンな電動アシスト自転車を初めてみてはいかがでしょうか!

365日24時間対応 0120-5315-24
自転車の種類について
メールでの査定はこちら
取り扱い商品一覧

今月の人気車種

  • CANNONDALE SUPERSIX EVO3

    CANNONDALE

    SUPERSIX EVO3

  • PINARELLO FP UNO CARBON

    PINARELLO

    FP UNO CARBON

  • BIANCHI IMPULSO 105

    BIANCHI

    IMPULSO 105

  • GIANT ESCAPE R3

    GIANT

    ESCAPE R3