自転車の種類について

クロスバイクとは?

クロスバイククロスバイク

段差などに強く安定性のあるマウンテンバイクと、スピードを重視したロードバイクとの特徴を組み合わせたのがクロスバイクです。日本ではクロスバイクという呼び名が主流ですが、トレッキングバイク、フィットネスバイク、コンフォートクロスなど、メーカーによって呼び方は様々です。成り立ちとしては、マウンテンバイクの、荒れ地に強いブロックタイヤ(でこぼこしたタイヤ)を路上向けの溝の浅いタイヤに変えたところから始まったと言われています。

特徴としては、軽量かつ強度のあるフレーム、気軽な姿勢で乗れるフラットバー(まっすぐなハンドル)、ロードバイクよりも太めのタイヤ(マウンテンバイク程ではないので砂利道やダートに弱いことが多い)などです。また、フロントフォークに衝撃吸収の為のサスペンションが組み込まれているタイプも人気です。フレームもロードバイクと同様に様々な種類があります。初心者のお客さまには、マウンテンバイクをベースにした、タイヤが細身で軽い車種です、という説明が分かって頂けるかと思います。

クロスバイク細かく分けていくと、マウンテンバイク寄りの安定性重視のものと、ロードバイク寄りの速度重視のものがあり、さらには両方のバランスを丁度よくとったものもあります。広い意味では、現在東京都では販売が禁止されていますが、ピスト(競輪やトラック競技の為の固定ギア自転車でブレーキがないものを差していましたが、現在はブレーキをつけたものも含みます)もクロスバイクの一種と言えます。タイヤの太さの違い、フレームの種類により、乗り心地とスピード感が大きく変わるので、乗り方によって選ぶ楽しみがあります。キャリアを装着してロングツーリングを楽しむ方ももちろんいらっしゃいますが、主に10km程の距離が向いていると言われます。通勤の足に、週末の身近な場所へのサイクリングに、気軽に自転車生活をスタートできるのがクロスバイクの魅力です。価格帯としては5万円から15万円ほどのものが多く、自転車に興味が出始めた方々が、最初に購入する車種の一つでもあります。クロスバイクからロードバイクへ移行する方も多くいらっしゃいますが、やはり日々使う用途に合わせて、という選び方が一番良いのではないでしょうか。

最近では全体的に細身の、ピスト風クロスバイクがカジュアルに街中を走っているのをよく見ます。オシャレな自転車の代名詞となりつつあるのではないでしょうか。見た目から入る方にもオススメです!

365日24時間対応 0120-5315-24
自転車の種類について
メールでの査定はこちら
取り扱い商品一覧

今月の人気車種

  • CANNONDALE SUPERSIX EVO3

    CANNONDALE

    SUPERSIX EVO3

  • PINARELLO FP UNO CARBON

    PINARELLO

    FP UNO CARBON

  • BIANCHI IMPULSO 105

    BIANCHI

    IMPULSO 105

  • GIANT ESCAPE R3

    GIANT

    ESCAPE R3