自転車の種類について

BMXとは?

BMXBMXとは、バイシクルモトクロスの略です。
街中で見かける、小さいけれど丈夫そうな自転車、アレです!元々はアメリカの少年達が大人のモトクロスに憧れて、子ども用の自転車(BMXの形をした子供用自転車が多かったのです)で遊んでいたのが発端となっています。
E.T. という名作映画に出てくる自転車もBMXです。小さいけれど丈夫なフレームに、主に20インチの小さなホイールを履かせた外見が主流です。自転車自体がコンパクトなので、子どもから大人まで楽しめる自転車です。

小さいけれど丈夫なフレームに、主に20インチの小さなホイールを履かせた外見が主流です。自転車自体がコンパクトなので、子どもから大人まで楽しめる自転車です。BMXと言えば、競技用に使われることが多いのですが、街乗り用としても人気があります。ただし乗りやすさを追求した車種ではない為、通勤用などには不向きと言えます。
 競技としては、レースとフリースタイルに大きく分かれます。レースは、ジャンプ台やコーナーのあるダートコースで主に着順を競うものです。(タイムトライアルもあります)オリンピック競技にもなっていて(Suprecrossと呼ばれています)、子どもから参加できる競技なので、このBMXレーサーからロードレーサーやマウンテンバイクのレーサーになっていく、という子どもも多くいます。日本で人気なのはもう一つのフリースタイルと呼ばれる競技で、車種としてもこちらが人気です。駅前や駐車場などでクルクルと回ったりするフラットランド、スケボーのようにランプで技を決めたりするパーク、縁石などにウイリーで乗り上げたり手すりを滑ったりするストリート、ヴァートランプと呼ばれるハーフパイプから飛び出して空中で技を決めるヴァートなど、様々な競技があります。それぞれの競技(とは言ってもスケボーのように遊び感覚で始める方が殆どです)に適した車種があります。特徴として、ジャイロと呼ばれるパーツによりハンドルが回るような特殊な作りになっていたり、ペグと呼ばれるタイヤとフレームを繋ぐハブ軸の左右に取り付ける金属パイプがついていたりします。フラットランドではこのパイプの表面にギザギザの加工があり、ペグの上に乗って技を決めることが出来るようになっています。また、ストリート用ではこのペグが滑らかになっていて、縁石などに飛び乗り滑ることが可能です。フリースタイルは、いわゆるX Gamesの一種目で、テレビなどでも派手な技を見ることが出来ます。しかしながら地味な練習も必要で、怪我も多い種目ではありますが、ストリート系の若者には絶大な人気があります。もちろん競技や技のメイクを目的とするのではなく、見た目の小さいけれどタフな印象から、オシャレ自転車として街乗りに使う若者も多いです。シートポストを高めにすれば漕ぎやすさもアップします。おじいちゃんが乗っていたら二度見すること間違い無しという程、若者向けの自転車という印象ですが、いい年の大人が乗っていても様になります。また女の子が乗っているとアメリカの子どものようで可愛さが倍増するのもこの自転車です。

人とは違った自転車で普段使いするもよし、BMXのトリックをやりたくて乗り始めるのもよし、自転車そのもので「遊ぶ」には最適です!気になった方はまずYou Tubeなどの動画サイトで、フラットランドやストリートなど、BMXの競技をご覧になることをオススメします。他にはないカッコ良さにシビれますよ!
(元フラットランドライダーのスタッフより)

365日24時間対応 0120-5315-24
自転車の種類について
メールでの査定はこちら
取り扱い商品一覧

今月の人気車種

  • CANNONDALE SUPERSIX EVO3

    CANNONDALE

    SUPERSIX EVO3

  • PINARELLO FP UNO CARBON

    PINARELLO

    FP UNO CARBON

  • BIANCHI IMPULSO 105

    BIANCHI

    IMPULSO 105

  • GIANT ESCAPE R3

    GIANT

    ESCAPE R3